アイフルの信用情報機関の審査とは

アイフル信用情報ってどんな審査?!

「アイフルって急にお金が必要になったときどうすればいいんでしょうか?」「消費者金融のローン審査が不安で困っています…」ローンの審査でお悩みの方にまずは結論から。アイフルはこれまでも多くの方が利用している実績のある大手消費者金融だから安心して利用できます。大手ならではの借入や返済の手軽さで人気のアイフルは最短なら即日融資も可能。その日の内に借りたいという方にもおすすめ。無利息期間もあるので賢く使いこなしましょう。

お急ぎの方は>>アイフル公式へ
イメージ

 

最重要な審査!個人信用情報とは?

個人信用情報とは、申込者の現在まで借入や返済歴に関する情報です。

 

現在カードローンやクレジットカードのキャッシングなどいくらローンがあるのか、これまでのローンの返済状況や返済の遅れがあるのかといったことがすべて記録されています。

 

この借入れや返済の情報は、信用情報機関で管理されていて、申込者の同意を得て開示請求をすれば照会することもできます。

 

現在、日本の信用情報機関は3つあり、消費者金融(貸金業者)と信販会社(割賦販売業者)が主な会員のJCC(日本信用情報機構)とクレジットカード会社と信販会社が主な会員のCIC(クレジット・インフォメーション・センター)、銀行や銀行系クレジットカード会社、農協、信用金庫などが会員の全国銀行協会があります。

 

これらの信用情報機関の情報は、加盟会員からの情報更新が随時行なわれているため、同日中に多重申込みなどがあれば、その情報はリアルタイムで分るのではないかというウワサです。

 

消費者金融のカードローンの審査を申し込んだときはあなたの個人信用情報が調べられます。ですから今いくら借金があるのか、借り入れ件数は何件か、これまできちんと返済しているのかといったあなたの情報はすべて申込み先の消費者金融にはバレています。

 

ですから、申込み時に必要な書類には正直に答えるようにしてください。また、借り入れ件数や金額が多かったり、これまでに返済の遅れが頻繁にあるなどの情報が記載されている場合には審査に通らないということになります。

 

ですが逆に、ローンを借り入れてきちんと返済していくとそれがプラスの信用情報になります。

 

お急ぎの方は>>アイフル公式へ

 

 

信用情報では何を見られるの?

アイフルの場合は、同社の個人情報取扱規約によりますと、加盟している信用情報機関はJCCとCICですが、提携先期間として全国銀行個人情報センターの名前もあがっています。

 

ここで閲覧される情報は、クレジットやローンの契約内容や返済、支払に遅延や滞納がないか、利用残高はいくらあるのか?などのデーターが詳細に記録されています。

 

ですから、申込みの際に「他社からの借入額」について「どうせバレないだろう」と適当に書いてしまっても、後から正確な数字が出てしまいますから気をつけなければなりません。

 

又、遅延、延滞、滞納などが有った場合は「金融事故」としてネガティブデーターが記載されてしまいます。債務整理(自己破産)は5年、延滞情報も5年、多重申込は6ヵ月の期間はブラック情報として記録が残っています。

 

この期間は、どんなに属性が良くても信用情報でNGになる可能性は大きいですから「喪に服す」期間だと思って自重して下さい。

 

 

スコアリング審査は融資額に影響?

前の項目では、スコアリング審査について解説しました。この審査は、申込者の返済能力と安定性についてチェックするものと考えて良いと思います。

 

インターネットでカードローン関連サイトを見てみると、アイフルの審査を通った人には以下のような審査に不利と思われる属性の人でも通ったという実例が多数有ります。

 

  • コンビニのアルバイト店員で20代前半のフリーター男性
  • 年収100万円前後のパート主婦
  • 年収50万円のバイト学生
  • 年収400万円の水商売関連の女性

 

この場合、利用限度額は数万円~数十万円程度と少額な融資が多いようです。それでも、お金が借りられたということは、審査にパスしたということです。

 

ですから、自分の属性に自信が無い人は「とりあえず、希望額を低めに設定すること」でスコアリング審査に通る可能性を上げられるかもしれません。

 

アイフル審査についてもっと詳しく!

アイフル
スペック
データ
リスト
申込みボタン