審査に通るコツ

アイフルの審査基準は?条件をチェック!【審査に通るコツ!】

アイフルの申込み要件は?

アイフルのキャッシングローンに関する契約条件表によりますと、貸付対象者は「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」という記載があります。

これを要約しますと、成人したが人対象で、安定した収入と経済力がある人ということですね。

アイフルは消費者金融なので、貸金業法に定められた「総量規制」が適用されるため、収入があることは必須条件なのです。

「当社基準を満たす方」とは、いわゆる「カードローン審査に合格した方」ということです。

又、「お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます」という項目もあります。つまり、70歳の誕生日を迎えた時点で返済は継続されますが、新規の借入はできなくなるということです。

勤務形態はどう?

安定した収入を得るためには、安定した雇用環境が必要です。

まずは、勤務先が倒産しにくい業種や経営状態が有利な条件ですね。金融業界では、公務員や大企業が高評価を得る勤務先です。次いで、一般企業、個人事業主とランキングが下がっていきます。

次に、クビになりにくい勤務形態であることが重視されます。正社員 > 契約社員、派遣社員 > パート、アルバイトの順で評価がダウンしていきます。

しかし、これらの順位はあくまでランク付けなので、評価が低い勤務形態でもダメというわけではありません。

アイフルの契約条件には、勤務形態については記載がありません。これまでに個人事業主やパート、アルバイトでも審査に通っている実績があります。なので、パートやアルバイト、派遣社員で年収100万円以下だとしても審査に通る可能性はあります。

勤務形態のランキング条件は借りられる金額(利用限度額)に影響するので、審査に通るか否かという基準ではありません。

又、利用限度額が高いほど返済能力が高いと評価されていることなので、金利は安くなります。

お急ぎの方は>>アイフル公式へ

審査では何をチェックするの?

審査には、属性スコアリングと信用情報があります。属性スコアリングは、申込者の返済能力や勤務環境、生活環境をチェックします。

先ほど説明しました勤務先や雇用形態の他にも勤続年数、固定電話の有無、年齢、年収、住所、居住形態、家族構成などがあげられます。

勤続年数は長いほど安定した勤務(辞める可能性が低い)と判断されて評価があがります。年収も高いほど返済能力があると評価されます。

居住形態や家族構成、固定電話の有無は定住性を判断する材料で、賃貸住宅よりは自己所有(家族所有)、一人暮らしよりは複数の家族がいること、固定電話があることなどが定住性があると判断されるのです。

これらの属性をランキング分けしてポイント付けしておき、申込者の条件に照らし合わせて採点していく審査なので、この審査方法を「属性スコアリング」とか「スコアリング審査」と言います。

このように、属性スコアリングは申込者の収入も重要ですが、「審査時の環境を維持できる安定性」も重んじる審査なのです。この評価が一定以下であれば審査に落ちることになりますし、審査に通ってもまずは低い利用限度額からのスタートになるでしょう。

今すぐ借りるなら
アイフル
スペック
データ
リスト
申込みボタン